FC2ブログ

記事一覧

うちの家主が・・・な件

        

        

子供の成長とは速いものだ…

俺の中では、つい最近までベッドで大人しく寝ていた……気がするのだが…

     

ベビーラグの上の大樹は手をバタバタと動かし首を俺に向けると

ゴロンッと腹這いになった……

それが楽しいらしく手足をまたバタバタと動かしている

「たいちゃん、ゴロンッできたの~」

とコーヒーを持ってやって来た琴子が声をかけると

キャッキャッと乳児特有の高い声を発する……

そしてまたゴロンッと転がる……

連続して転がる事はまだ出来ないようだが、確実に俺の足元に転がってくる

    

「大樹…楽しいか?」

と声をかけると、手を伸ばしてくる

休日に親子三人でゆっくり過ごすのも悪くない

   

最近では病院で西垣が、琴子はいつ来るのかとうるさい!

3ヶ月検診も終わった……次の検診は6ヶ月…大樹や琴子が病気にならない限り、病院になんて来るわけがない!

        

既婚者同僚達と最近の子供の画像を見せあっていると

「やっぱり入江のとこは、アイドル系だな……」

「……」

「奥さんが可愛い系だからやっぱりそうなるな」

「ん~入江に似たらモデル系で格好いい子になっただろうな」

と人の子供評価……

               

         

暑い夏も終わり、10月

この頃になると昼間は起きている時間が多くなり、琴子は昼間入江家に大樹と出かける事が多くなった

理由は大樹が一才を過ぎたら仕事復帰をするため、昼間はお袋と過ごす事になるからだ

昼間入江家でお袋と過ごしながら、琴子だけで買い物に出かけたりしながら、大樹がの様子を見ている

初めはギャン泣きにお袋も琴子に電話をしたらしいが、3日もすると諦めたのか泣くことは無くなった

適応能力は高いらしい……

     

久しぶりに親子三人で出かけた

親父が水族館のチケットをもらったからと、譲ってくれたのだ

まぁ……お袋と二人で水族館という年でもないからという理由

お袋と行くなら、今は水族館より、温泉……と言われて思わず笑ってしまったが

      

       

まだ動いているものに対して手を叩いて見たりするだけの大樹に、魚の名前等説明する必要もないからたまにはゆっくり眺めるのもいいか…と思っていたら

     

「あ~…お父さんと築地の魚市場で見たことある~」

      

と言う琴子の口を慌てて手でふさいだ

俺達の廻りにいた、子連れや小学校の野外学習の団体が、目を丸くてし観ている

   

「琴子…ここでは禁句だ…」

耳元でそう言うと、慌ててコクコクとうなずく

まさか琴子に手を焼く羽目になるとは……

    

最近の公共施設等は、子連れに優しい…

以前はオムツを変えるのに女性トイレくらいしかなかったが、男性トイレにもベッドが置かれていたり

授乳室が完備されている所が多くなった

授乳室は中に入ると小さな部屋に区切られていて、カーテンで中が見えないから男親も一緒に入れるのはありがたい……

授乳が終わるまで外で待たされる事がないから

大樹の授乳も終わりベビーカーでの昼寝タイムを利用して、レストランで昼食を取った

さっき生きた魚を観ていたのに……

      

「おいし~海鮮丼やはいいね~いろんな種類が食べられて~」

という琴子

最近はスーパーで切り身の魚や寿司屋で生の魚を食べても、それがどんな魚なのか知らない子供の為なのか魚の説明文の近くに、ポップな絵と料理が紹介されていた…観ている母親も

(へ~こんな風にも出来るのね~)

とうなずいていた、それを見ていた琴子は

「食育って大事よね~」と呟いていた

         

結婚前にデートらしいデートは…ほとんどしたことがない……

水族館や動物園、テーマパーク…どれも恋人がデートに使う所になんて来たことがなかったな…

付き合う前に、サファリパークに行ったがあれはデートでなく慰安旅行でカウントされない…そうなると……神戸でのデートが初めてで、あとはお袋からもらったナイトプール…あれはデートと言えるのか……?

それ意外は買い物に出掛けて、たまに外食……

どちらもデートというものに興味がなくて、時間があれば医学書を読んでいる俺にコーヒーを淹れてくれて医学書を覗き混んで、質問してきたり

たまに学校帰りにやってくる裕樹や好美ちゃんと四人でお茶をしたり、学校の話を聞く……そんな生活がいつの間にか当たり前になっていた

あんなに他人と関わる事が嫌だった俺が、こうして結婚して、琴子と大樹という大切な者を手に入れた

         

結婚する前裕樹が

(僕さ、琴子さんに助けられる前までは……お兄ちゃんに憧れてたんだ、誰にも頼らなくても何でも出来て格好いいって…だから僕もそうなりたいって思ってた、だけど……琴子さんに助けられて…そのあとお兄ちゃんが家を出て行って……寂しくて…琴子さんの所に行ったら……話くらいなら聞いてあげるよって僕みたいな小さい子供の悩みを熱心に聞いてくれたんだよね、琴子さんも…どこかお兄ちゃんと同じで…一人でご飯作って食べて…勉強して……でも僕が行くと話を聞くために、お菓子を準備してくれて……一度聞いたんだ…迷惑じゃない?ってそしたら

「ちっとも迷惑じゃないよ、誰だって一人で生きて行けないでしょ、産まれた頃はお父さんお母さんが居ないと生きて行けないでしょ?人間は誰かに迷惑かけたりかけられたり、頼ったり頼られたり…絶対誰かと関わりを持って生きているのよ、幼稚園、小学校、中学、高校、大学……友達とか先生と関わって、社会に出れば、職場の人達と関わるのよ、このお菓子だってそうでしょ、作ってくれる人がいるから食べられる、野菜、果物、お肉だって誰かが作ってくれたものよ」

って話してくれたんだ……その時……この人ならお兄ちゃんを変えてくれるかもしれない……そう思ったんだ)

(ふぅん…)

(だから、お兄ちゃんが琴子さんと一緒にいるのをみていて……少しずつ変わって行くのが嬉しかった)

    

裕樹に告げられた言葉に納得した……確かに俺は一人で生きてきた訳ではない…

一人になりたくて必死だった……

           

今、大樹を見ていて思うのは、いつも感謝する気持ちを持って欲しい、俺のようにひねくれた子供にだけはなってほしくない……

まぁ……子育てをしているのは琴子だから……大丈夫だろうが

     

       

          

               

  

        

☆☆☆☆☆

このお話も次が最後になると思います……多分?

その後は直樹と琴子の子育て?みたいなのをたまにアップするかも?しれない

     

最近なんですが…私的にはあまり……好きではないのだけど

ママ友さんからのリクエストで書いてみた物をとっととアップしようかと思います

自分で読んでて…期待なんて全くない代物なので……苦情は受付ません…

と言いたいくらい!自分で書いたのに凹んでます……

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

> さち子ママさん、コメントありがとうございます

ありがとうございます…そう言っていただけるとありがたいです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itkiss

Author:itkiss
初めてイタズラなkissのIF物書いてみました