FC2ブログ

記事一覧

うちの家主が・・・な件

       

          

翌日

俺は桧山さんと小暮さんに、21日に入籍することを告げた

二人は嬉しいが娘を取られた気分たと笑っていたが、生まれた時から彼女を見てきた人達だから、そんな気分になるだろう

俺の知らない彼女の幼少期からずっと見守っていたのだから

       

今日は小児科メインで仕事…

きっと彼女の事を師長が話しているはず、西垣の落ち込む姿が見られなかったのは残念だ…

    

お昼過ぎ遅い昼食になってしまった

食堂のおばちゃんが

「ご苦労さんだね~、はいおまけだよ」

「ありがとうございます」

「なんだか、おめでたい話があったみたいだね」

「そうですか」

「どうやら西垣先生のお気に入りの、相原さんがとうとう結婚するみたいよ」

「へ~…」

「おめでただって、まぁ~相原さんが!ってあたしら驚いたよ~」

「ほんとにね~わからないものだね~、でも西垣先生の子じゃないみたいでホッとしたよ~」

「ほんとに、それはあるわね~」

「神戸から戻って、あの子ますます綺麗になって、笑顔もあんなに可愛い子だったのね~、もしかしたら旦那さんは神戸に居るのかしらね?」

「今月中に入籍だって言ってたわ、それにこっちに住んでるみたいよ、旦那さんと一緒に住むって」

   

配膳されるまでに、いろいろ情報をくれるおばちゃん達…

あの短時間でよくここまで……と感心してしまう…

それだけ、ここの食堂ではいろんな話が飛び交っていると言うわけか…

         

そして数日もすると、彼女の未婚で妊娠中は院内に広まり、他の科の人間も噂する…

そのなかでも鴨狩は、男の癖にいろいろ気になるらしい……

入籍は24時間OKなのになぜしないのか、相手と話し合って決めたと言えば、向こうの言いなり……

仕方ないと言えばそうなのだが、二人揃った休みに入籍して、母子手帳を貰うのが目的だからだ……

母子手帳のくだりでなんとなく、納得

女性のささやかな願いというのか、入籍して名字が変わってからの方がいい……と言っていたお袋……

ちなみに俺の母子手帳…入籍前にもらったから、親の名字が別々だ……

母の欄は、一色紀子、父の欄は、入江重樹

母子手帳を貰うにあたり、役所に行くと相手がわかっていても戸籍上結婚していないから未婚の時の名字を書かれたからだ

鴨狩が、彼女に大人の対応……と言ったが、要するに結婚前に妊娠させるなんて……あり得ないと言うことだが、彼女は理解出来ていなかったらしい…

どちらも恋愛経験0だから……中高生並みの恋愛……要するに興味本位で関係もって失敗……という例を上げているのだろうが、それはない!

一度羽目を外してしまったのは、否めないがそれなりに大人の対応はしていた

と鴨狩に言ってやりたいが……入籍までは黙秘…

わかっていない彼女にとどめを刺したのは品川……

遠慮や配慮のない品川はバッサリ、大人の対応=避妊

品川はこの辺りは、しっかりしている様で、結婚前に妊娠させるのはあり得ないと言った

そこをやんわりと助け舟を出す小倉は、彼女はどこかでアクションを起こさないと婚約中のままになりそう

小倉はけっこう的を得ている……

婚約してから具体的に式場探しをしたかと聞かれた彼女

婚約したらそういう話をするの?と斜め上の答えに、周りは苦笑い

そして結論は

旦那は……ちょー奥手、彼女いない歴=年齢だから、   女性にモテない

鈍感な彼女に業を煮やして授かり婚を決行……

   

自分の事なのに、なんか納得できないが……入籍まで我慢するしかない

    

明日は入籍、その前に実家で夕食を食べた

親父もお袋も俺が帰りが遅れる事を知り、会社帰りにわざわざ彼女を迎えに来たようだ……

黒塗りの運転手付きで来たからだいぶ目立っていたようだ、

通用口近くにもうけられた喫煙所で一部始終を見ていた、医師がひどく慌てて、医局に戻ってきて、彼女の旦那さんのご両親が運転手付きの高級車でお迎えに来てた!と騒いでいた……

うちの両親は、彼女をものすごく気に入っているのと、妊娠中だから過保護なのだろうが、あの時間の電車に一人で乗せるのは正直俺も心配になる……

ぎゅうぎゅうの車内、まだ悪阻は来ていないが、人によっては香水やコロン、柔軟剤等匂いで、吐き気を模様するものものいる

きっと彼女の悪阻が始まったら、お袋は毎日でも彼女の送り迎えをしそうで怖い…

まぁ、同じ病院だし俺が運転すれば済むからいいけど……

   

彼女と帰宅して、リビングでゆっくり寛ぎながら、俺はある決心をした…

今まで言った事がない、俺の黒歴史……

彼女はどんな反応するのか…不安だが……

     

自分の幼少期の事を伝えると彼女はお袋の気持ちもわかるけど……と言いながら幼少期の俺の方を気にかけてくれた

それがきっかけで人を信じられなくなった事も、理由を知った彼女は、それでもイタズラっ子の様な顔で、ちょっと見てみたかったなぁ~と笑っていた

気持ち悪いとか思わないの?と言ったら、自分は思わない、好きでしている人を沢山見てきたと言う、俺の場合は物心つく前に親にさせられていたのたし、彼女の行っていた保育園では、髪を伸ばしていた男の子やおままごとが好きな男の子が普通にいたと笑った

保育園と付属幼稚園では、やはり環境が違うらしい……

付属幼稚園と言えば、金持ちでお坊ちゃん、お嬢ちゃんと入園前からちやほやされてきた子供の集まり…それに比べて保育園は、多彩だ

共働きだったり、片親だったり、服装も付属は制服、保育園は自由

遊びだって、保育園は泥だらけになって遊ぶようだが、うちの幼稚園は園庭は芝生、砂場で遊ぶ子供なんてほとんどいなかったっけ……

幼少期から習い事が当たり前で……

そんなことを思い出していたら、彼女は俺にありがとうと言った

   

幼少期の辛い話をしてくれた事

それに対してのありがとう…

   

これから親になる俺が、自分の子供に、自分の幼少期の話をするのはひどく嫌だ、だけど彼女ならきっと、上手に話せるのだろうな

     

     

🍂🍁🍂🍁🍂

   

秋晴れの清みきった空

二人で区役所まで、歩いた

婚姻届の証人欄には、彼女が生まれた頃から、側で見守って来てくれた、小暮さんと桧山さん、うちの親父も昔は同じアパートに住んでいて、お世話になった人達に書いてもらえた

   

婚姻届を出して、母子手帳を貰い、嬉しそうな彼女

ついでに病院に提出するために必要な書類も全て、受け取った

     

今日はお袋が入籍パーティーだと張り切っていたが……

まだ、彼女に無理はさせられない、式は落ち着いたらと言う事になっているから入籍パーティーくらいは大目にみようと思ったが……

帰宅すると、何故かリビングに入れてもらえなかった……

二階に連れていかれ、着替えを渡された俺達……

式を挙げなくても、ご近所にはきちんと挨拶を……と言うお袋、同じ世田谷、俺の実家を知らない人は少なくはないだろう……特にお袋はここら辺一帯の婦人会に入っていたはず……

着替えて彼女のご両親にきちんと報告をして、パーティーだと言われた

     

着替えて下に下りるとお袋が待っていた、促されてリビングに入ると、いつものリビングではなく、真っ白に覆われたソファーやテーブルクロス、開け放たれたテラス、小さなガーデンウェディング場の様になっていて、彼女の父親の店の従業員や、友達が来ていた

お袋に相談を受けた小田原さん達が今日のために、料理を作ってくれ、金之助は彼女の高校からの親友を呼んでくれていた

    

さすが……お袋と感心した、入籍パーティーと言うより、披露宴……

   

それだけお袋も親父も俺達の結婚を待っていたのだから、仕方ない

   

そして彼女の高校時代からの親友二人は俺を見て

「「入江直樹!!」」

と驚いていた……

別にフルネームで叫ばなくても……金之助は知っていて、二人に伝えていなかった、二人の驚く顔が観たくて、黙っていたと言って笑っていた

     

学校帰りの裕樹が、好美ちゃんとやって来た、お袋と親父はまさか裕樹が彼女を連れて来るなんて知らなかったから、驚いていたが裕樹はいい気かいだからと照れながら話していた

二人は、プレゼントにファーストシューズとオフホワイトのソックス

結婚祝いより、生まれる子供を優先したプレゼント

裕樹より、好美ちゃんが楽しみで仕方ないらしい

    

彼女がおめでただとわかった親友二人はさらに驚きの声を上げていた

そして、(おめでとう、琴子をよろしくね)そう言って俺に笑いかけてくれた

これから長い付き合いになる、彼女の親友の名前は、高宮理美と小森じんこ

高宮は結婚して一児の母、小森は音楽関係の仕事をしていると紹介された

       

金之助は俺の肩を叩くと

「おめでとうさん、よかった入江の両親が、琴子の親になってくれて、琴子をほんまに大事にしてくれてる、大将達もここに飾ってくれるなんて、ほんまにありがたい事や」

小さなテーブルに真っ白なクロス、彼女の両親の写真と一緒にブーケが添えられていた

お袋は、彼女のご両親を大切に思ってくれている

先だってしまった両親に代わり、これから彼女を娘として可愛がっていくだろう

   

彼女を産み育ててくれた、ご両親に恥ずかしくない様に、これから生まれてくる子供と彼女をずっと守っていく

彼女に出会えた事を今は、運命と言うより必然だと思う

      

         

          

       

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itkiss

Author:itkiss
初めてイタズラなkissのIF物書いてみました