FC2ブログ

記事一覧

important person(55)

       翌朝、朝食を食べていると、電話がなった 「こんな早くに誰かしら?」 紀子が電話に出ると、なにやら楽しげに話している 「琴子ちゃん、理美ちゃんから電話よ」 「…理美ですか…」 そう言って電話に出ると 『おはよう~元気?』 「おはよう、うん」 『10時頃じんこと迎えに行くから』 「え?」 『大丈夫、入江も知ってるか、心配しなさんな』 「そうなの」 『夜にはおじさんのお店に送...

続きを読む

important person(54)

         店の裏口から中に入ると 「琴子…どうした…」 「ちょっと…ここに居させてくれない…」 「それなら2階の部屋に行ってな、引っ越すつもりで片付けた部屋だ」 「ありがとう、忙しくなったら、いつでも呼んで」 「おう、その時は頼むよ」 何かあったとわかっていても、琴子の方から話さない限り何も聞かない重雄 2階の奥にある部屋に入ると、以前あった大きなテーブルや...

続きを読む

important person(53)

           コンコン ノックの音にそっとドアを開けると、不機嫌そうな直樹 「……どうしたの?」 「入れろ…」 「うん、どうぞ…」 部屋に入ると、ハンガーラックにスーツをかけ、ワイシャツ、ネクタイ、靴下を鞄と一緒に部屋の椅子に置く 「…え?…」 「ったく…」 「ど、どうかしたの?」 「俺のベッドに、理加が寝てる…」 「…&hellip...

続きを読む

important person(52)

        「琴子、悪かったな、後は大丈夫だ」 「うん」 「帰ってゆっくり休んでくれ」 「あのね、もうすぐお盆だから明日、お仏壇を少し掃除しようと思って」 「そうだな、そろそろやらないとな」 「今年は17回忌だもんね、いつもお父さんがしてたけど、今年はあたしがするね…相原…としては最後になるから…」 「お前がそんな風に…言うとわな…」 「あたしだって、も...

続きを読む

important person(51)

              裕樹の友達を送り届け 帰宅した3人 「ママ、まだ帰ってないね」 プールで使ったタオルや水着を洗濯機に入れる裕樹 「夕方…過ぎって言ってたよね…」 「買い物してくるんじゃないか?」 「そうだね」 手を洗い、髪を束ねる琴子 「あたし、洗濯物を入れてくるね」 バスケットを持ってパタパタと洗面所を出ていった 「…楽しかったか?」 「えっ!うん…...

続きを読む

important person(50)

        「裕樹君…今日暇?」 「…なに?」 「図書館に行きたいの…」 「別にいいけど…」 「ありがとう」 朝食を食べていると琴子が突然裕樹に話しかけてきた 「図書館なんて…なんだ…」 「看護師とか介護士さんのね…」 「ふぅん…」 「裕樹、暑いからあんまり無理させるなよ…」 「うん、お兄ちゃんは今日遅いの?」 「そうだな…」 「琴子...

続きを読む

important person(49)

   数日後 琴子の声もようやく戻りつつ、耳を近づけなくても聞き取れるほどになった 父重雄は定休日だったため、紀子、裕樹、重雄、琴子、四人で夕食を食べた 裕樹にお風呂に入るように言われた琴子 部屋に戻り準備をした、パジャマや下着を抱えて、階段を下りるているとリビングがら血相を変えた裕樹がやってきた 「こ、琴子!お前ちょっと来い!!」 「え?」 腕を掴まれ、そのままリビングに連れて行かれた  &nb...

続きを読む

important person(48)

           二人が帰宅すると、玄関で待ち構えていた四人がクラッカーを鳴らした 「「「「お帰りなさい!退院おめでとう~」」」」 「「…!!…」」 「琴子ちゃん、大変だったでしょ~」 「…い、いえ」 「もう、お兄ちゃんは朝から連れ回して!」 「……」 「さぁ…直樹も…」 「……」 紀子は琴子の背中を押してリビングに向かった リビ...

続きを読む

important person(47)

    完成披露パーティーも終了し、来客を送り出した直樹達 「琴子ちゃん、大丈夫かい?」 「…はい…」 「親父も…大丈夫か?」 「ワシは大丈夫だ…」 何か言いたげな重樹と金森に 「大泉会長が融資件で後日連絡が入るから…」 「そ、そうか…わかった」 「金森さん、親父を先に家に送って行ってください、俺達、アニメ部の3人に挨拶して来ますから…」 「わかりました&hell...

続きを読む

important person(46)

        直樹は時計を見ると 「そろそろだな…」 「?」       テラスに金森が現れた 「相原さん、退院おめでとうございます」 「…あ、ありがとう…ございます」 「代理、準備が整いました」 「わかりました、琴子行くぞ」 「うん…」 金森と直樹の後ろをキョロキョロしながらついて行く    大きなドアの前に来ると二人の男性がドアを開ける 中から沢山の...

続きを読む

プロフィール

itkiss

Author:itkiss
初めてイタズラなkissのIF物書いてみました